レスリング伊調馨選手にパワハラ?!告発文?五輪5連覇はどうなる?!

女子レスリングで個人として史上初の五輪4連覇を成し遂げている、伊調馨選手(33)が栄和人本部長からパワハラを受けたとして、告発状を送っていたことがわかった。

栄和人選手強化本部長は、伊調馨選手がかつて教えを受けていた恩師である。

一体、二人の間に何があったのか?

告発状は2018年1月18日付けで、レスリング関係者が内閣府の公益認定等委員会に送付していた。

内容は、伊調馨選手が栄監督から指導を受けていた中京女子大(現至学館大)を離れてから8年にも及ぶ期間、

●練習場への出入りを禁止

●伊調選手のコーチを強化委員から左遷

という信じられないものだった。

栄氏は、新聞の取材に対し、

「協会が対応します。(伊調選手とは)仲が悪いわけではないし、私が練習をどうこういう話ではない」と話している。

伊調選手は、週刊誌の取材に対し、

「今の状況を変えたい」

内閣府の調査も「受ける」と名言している。

五輪での5連覇が期待される伊調馨選手。国民栄誉賞の金メダリストに一体何があったのか?

今後の展開を見守りたい。

○伊調 馨(いちょう かおり)

1984年6月13日生まれ

青森県八戸市出身、中京女子大学(現 至学館大学)卒業

日本女子レスリング選手

アテネ・北京・ロンドン・リオデジャネイロ オリンピック金メダリスト

紫綬褒章受章(2004・2008・2012・2016年)

2016年国民栄誉賞を受賞

○栄 和人(さかえ かずと)

1960年6月19日

鹿児島県奄美市(旧 大島郡笠利町)出身

元レスリング選手

現在は志学館大学(旧 中京女子大学)レスリング部の監督と全日本女子レスリングヘッドコーチを兼任。

2008年11月より志學館大学健康科学部健康スポーツ学科教授 兼任

志学館大学レスリング部の教え子には、伊調馨の他に、吉田沙保里、伊調千春、小原日登美、登坂絵莉、川井梨紗子、土性沙羅など多くのオリンピックメダリストを輩出している。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする