【花のち晴れ8話】晴と音は友達に?どうなっていくの4人の恋愛模様は??

7話では自分らしさを取り戻しつつある晴の成長が描かれました。

晴の告白を振り切って天馬を選んだ音、その後の回としては、とても冷静に丁寧にそれぞれの内面が描かれ、

ハチャメチャにやっぱりお前のことが忘れられないんだー!なんてシャウトする晴。そして揺れに揺れる音、みたいな安っぽい展開にならなかったのは、ある意味良かったのですが、

ちょっと物足りなかった…

宇多田ヒカルの初恋だって、何だか無理やり流した感があったし。

あの曲は、もっと胸キュンキュンシーンで流してほしいのに~!

しかし、7話がクライマックスに向けての大事な回だったのだと言い聞かせて、8話を待ちたいと思います。

8話予告

私、桃乃園には転入出来ない。

そう天馬に告げた、音の本心はいったい…

そして再び英徳に戻った音は、晴と友達として向き合っていくことにするのだった。

8話予告

友情だなんて、そんな2人見たくない…

音は天馬と、晴はめぐりんの(仮)として、それぞれ素敵なカップルになっていくこと誓う、だなんて。

確かに、めぐりんには自分の弱いところもさらけ出せている晴。

そんな2人を見て、なかなかいい感じとも思ったけど、やっぱり晴には音だよー

友情なんて誓わないで…

8話

そして映画館でWデートをすることになった4人。

そこでの晴と音の様子を見て、複雑な天馬とめぐりん。

天馬と音の関係に亀裂が?

8話

そして英徳では、自分の弱さをもさらけ出した晴に賛同しかねる者もいて…

どうなっていく?!

というか8話は胸キュンシーンください(切)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする